社員紹介

テクノラボの開発室で働く社員に、インタビューを行いました!
仕事内容、考え方、趣味、今後の目標…就活生の皆様の参考になれば幸いです。

エンベデット事業部 2課 次長 S.D[2005年入社]

下浅 大輔

■テクノラボはコツコツ努力を重ねる会社です。

 私がテクノラボに中途入社してから12年が経過しました。20代の頃はフリーランスで活動していましたが、個人で物事を成し遂げることに限界を感じ、組織人として働くことを選択しました。
 会社を外からも見たことがあるからこそ言えることは、テクノラボは経営がしっかりしていて、筋が通っているということです。「地道にコツコツと」という言葉がぴったり当てはまるような会社で、私の性にあっていると感じています。

■寄り道や失敗こそがチームの力になります。

 現在私は、スマホアプリの開発や車載器の評価チームといった、合計メンバー80人程度の組織をまとめていますが、人数が多いこともあって、問題・課題だらけの毎日です。
 最短で結果にたどり着くことができず、寄り道や失敗をすることもありますが、苦労したからこそ得られるものも多くありますので、寄り道こそがチームの地力をつけることに繋がると考えています。

■自ら考え、行動する社員であれ。

 エンベデット製品は、ここ数年で目まぐるしく機能が多様化し、エンドユーザ様も目が養われ、製品に対する期待度も高まりました。
 そんな中、社員には、若手のうちから積極的に考えて意見を発信し、仕事に取り組む姿勢を望んでいます。無限の可能性の中で自ら考えて行動し、価値観という芯を育て、それをベースにチャレンジしていくことこそが、人間的な成長にも繋がります。

ソリューション事業部 1課 I.S[2011年入社]

市村 慎太郎

責任感を持ってやり遂げる仕事と、休日の野球部で充実のプライベート。

■ 札幌出身だからこそ、札幌に恩返しがしたかった。

  札幌生まれ、札幌育ちということもあり、道民として地元に恩返しをしたいと思ったことが入社を希望したきっかけでした。 幾つかの会社を比較する中で、テクノラボの会社見学会で、テクノラボの先輩社員から仕事以外の話を聞き、自分のしたかったシステムエンジニアとしての仕事が、地元札幌でできると感じたことが、最終的には決め手になりました。

■ プロだから、ミスをしなくて当然。

  お客様先でのシステムの運用を担当しています。運用の仕事ではミスは禁物ですので、自分でチェックリストを作成して常に細心の注意を払って仕事をしています。私の現在の業務で、1つもミスをしないことは簡単ではありませんが、難易度どうこう以前に、1人のプロとして自分を客観視したとき、ミスをしないことは当然のことと考え、業務を行っています

■ 休日は野球で体を動かします。

  休日は当社の社会人野球部に参加し、息抜きをしています。部署や役職をこえたオフでのつながりが持てて、プライベートも大変充実しています。野球の経験はありませんでしたが、チームメイトもやさしく迎え入れてくれ、チームメイトにはいつも感謝しています。  

エンベデット事業本部 1部 F.T[2015年入社]

古野 武

毎日のチャレンジが楽しくて仕方ありません。

■ 真似できないことで、一番になりたい。

 大学時代は、ボランティアサークルと射撃のサークルに入っていました。サークル活動をする中で、人にはまねできないことや、周囲に喜んでもらうことがとても心地よく、それぞれの活動を突き詰めていきました。射撃サークルで部長を務めたのもよい思い出です。

■ 入社後にスキルアップできました。

 現在は、電装品の最新技術を駆使した開発業務を行っています。新入社員の時は、2か月間に及ぶ外部研修の他、社内でのOJTもあり、開発技術の基礎を習得できました。2年目には東京出張で最新技術を習得することができました。充実した社員育成制度のおかげもあって、毎日のチャレンジで成長を実感しています。

■ まずは見学に来てほしい。

 就活は「百聞は一見にしかず」です。企業の説明会に参加したり、ホームページを見たりして、少しでも気になったことがあったらどんどん聞いてみる、エントリーしてみるということが大切です。このページを読んで、テクノラボについて知りたくなった方は、是非一度、テクノパークに来てみてはいかがでしょうか。きっと、働くイメージがつかめるはずです。

エンベデット事業本部 2部 H.F[2002年入社]

本間 史愛

チームとお客様を大切に、最高の製品を提供します。

■周囲とのかかわりの中で作品を完成させるのが楽しい。

 イベントを企画するサークルに入っていました。周囲とかかわること、話すことが好きなので、サークルの仲間と対話しながら1つのイベントを完成させるということが、とにかく楽しかったです。

■テクノラボにしかできない仕事を。

 カーナビ評価のプロジェクトをまとめる仕事をしています。
 私のプロジェクトは、とにかくチームのメンバーやお客さんとの対話が鍵になりますので、明るく楽しく、メリハリのある、チーム全員がいい雰囲気で仕事ができることを重要視しています。テクノラボにしか作れない、最高の製品を作りたいと思っています。

■仕事も育児も全力で。

 2人の子供を育てながら、仕事も育児もパワー全開で頑張っていきます。元気もやる気も、まだまだ若手社員に負けたくありません。

営業戦略推進部 S.T[2017年入社]

外城 智久

お客様と直接かかわれることが最大の魅力です。

■ OBの活躍と先生の勧めが入社の決め手。

 大学の先輩が多く働いていることもあり、軽い気持ちで説明会に参加したことが入社のきっかけでした。説明会で当社の業務威容や人材育成への考え方に惹かれ、先生方も熱心に勧めてくださったこともあって入社を決めました。

■ エンドユーザ様に直接お会いできるのが最大の魅力。

 部署名には営業と入っていますが、私たちの業務は営業だけではありません。主に地方自治体のお客様にシステム導入案件をご提案し、気に入って頂けた際は、お客様と相談しながら、システムの導入や運用をしています。自分が提案したシステムを導入してくさった方々と直接お会いして話ができ、感謝していただけることが私の業務の最大の魅力です。

■ 最適な開発環境を是非、見学しに来てください。

 本社の開発室はICカードで施錠管理される等してあるほか、図書館のように静かで、技術者にとっては最適な環境だと感じています。説明会等で興味を持っていただけましたら、是非、社内見学にお越しください。

経営企画部 総務課 K.S[2015年入社]

北川 翔平

仕事もプライベートも充実。テクノラボだからこそできる仕事があります。

■ 100人規模だからこそできる仕事がある。

 大学卒業後、道内の上場企業に勤務しておりましたが、時代の変化に合わせて柔軟に対応し、なおも成長を続ける弊社に魅力を感じ、思い切って転職しました。
 100人規模の会社だからこそ、若手社員も自分の考えを積極的に発言し、主体的に業務に取り組むことができ、それこそがテクノラボの最大の魅力だと感じています。

■ 全力でやるから、次がある。

 普段は、人事担当者としての業務以外にも事務職全般を担当しています。どんな業務をするにしても、妥協なく、全力で取り掛かるからこそ、改善点が見つかると思います。努力なくして改善なし、と考え、日々全力で仕事をしています。

■ 社会人だからこそ、趣味は多いほうが楽しい。

 趣味に時間とお金をかけることが、一番の楽しみです。仕事の後はトレーニングジムで筋トレしてから料理、休日はドライブ、夏休みは旅行と野球観戦、冬はスノーボードに出かけています。皆さんもいろいろな趣味を持って、社会人だからこそできる楽しみを見つけてくださいね!

ページトップへ

Copyright(c) 2017 TECHNO LABO Co.,Ltd. All Rights Reserved.