ISOについて

品質マネジメント

ISO9001
 テクノラボは、2000年7月に品質管理の国際規格であるISO9001の認証を取得しました。
このことは、品質管理がISO(国際標準化機構)の規格に準じた品質管理体制であることを示しています。
 現在もお客様のニーズに応えるべく、品質管理のより一層の改善に取り組んでいます。

ISO9001


  1. 適用範囲/顧客仕様に基づく委託ソフトウェア及びの設計、開発製造
  2. 適用部署/経営企画部業務管理課・エンベデット事業本部1部1課
  3. 認定登録機関/Lloyd's Register Quality Assurance Limited (LRQA)

環境マネジメント

ISO14001
 テクノラボは、2005年2月に環境管理の国際規格であるISO14001の認証を取得しました。
このことは、環境管理がISO(国際標準化機構)の規格に準じた管理体制であることを示しています。
 事業活動と地球環境保護との調和共存を目指し、企業としての社会的責任を果たしてまいります。

ISO14001


  1. 適用範囲/経営企画部 総務課、業務管理課・ソリューション事業部 2課
    エンベデット事業本部 1部1課、2課・エンベデット事業本部 2部1課・営業戦略推進部 営業推進課
  2. 認定登録機関/Lloyd's Register Quality Assurance Limited (LRQA)

●基本方針

経営ビジョンを達成するため以下の事項について目標及び実施計画を作成・実践し、マネジメントシステムの有効性を継続的に改善します。

・顧客満足度の向上
 常に高い品質の保持と生産性の向上に取り組み、お客様に信頼される技術力及びソフトウェアを提供し続けられるよう、品質に関わるマネジメントを見直し、継続的に改善を図ります。 また、情報資産に対して適切なセキュリティ対策を実施し、顧客の信頼を保持し競争力を維持・向上してまいります

・法規制等の遵守
 当社に適用される品質及び環境法規制等を遵守し、業務の健全かつ適切な運営を確保するため、コンプライアンス(法令順守)の徹底を図ります。

・環境パフォーマンスの継続的な改善
 事業活動を通じて以下のテーマに取り組み、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和と適応を支援します。
 省エネルギー・省資源及び設計・製造の短縮化の向上を図り、二酸化炭素排出量の削減と節電に努めます。
 ソフトウェア不具合の抑制及び不具合にかかる作業時間の短縮に努めます。
 地球環境の保全と汚染防止、廃棄物の削減、分別、再利用及びリサイクルの推進に努めます。

・人的経営資源の充実
 従業員各位の技術及び技能の向上に努めるとともに、マネジメントへの参画を進めます。

2017年4月3日 トップマネジメント 常務取締役 秋山芳廣

ページトップへ

Copyright(c) 2017 TECHNO LABO Co.,Ltd. All Rights Reserved.